すれ違いアプリクロスミー(CROSS ME)の口コミ評判(レポ)は悪い?使い方や登録方法も解説

「”すれ違い”がコンセプトのマッチングアプリクロスミーは本当に会えるの?」と思っている方いると思います。

他のマッチングアプリより特殊なシステムを採用しているマッチングアプリなので、利用するのをためらっている方いるのではないでしょうか?

そこで今回は、クロスミーについて深堀りしてみたので気になっている方はぜひ最後まで御覧ください。

すれ違いアプリ「クロスミー」とは?

クロスミーはすれ違った人と出会えるマッチングアプリです。

会社名 株式会社プレイモーション
年齢層 20~30代
目的 遊び・恋活

全体的に年齢層は若く、目的も真剣に出会いを探している人は少なそうです。

クロスミーに向いてる人・向いてない人

クロスミーは使っているユーザーの年齢層や目的から、婚活している人には向いていません。

遊び・恋活目的であれば、すれ違った気になる人にすぐアポが取りやすいので使いやすいアプリだと思います。

あと、メッセージのやり取りが苦手という方にも向いていると思います。すぐにパッと会えるのがクロスミーの良いところでもありますから。

クロスミーの口コミ評判は辛い?まとめてみました

男性側の年齢は若いか、歳いってるかに別れてる感じがしますね。コロナ禍の影響でしょうか?ホストみたいな感じの方が多いですね。大概見抜けるので大丈夫ですけどね。

友達作りと真剣な恋人探しが混ざってますので、この辺りが見にくい感じがしますね。

マッチングは結構しますが、メッセージ交換までは行かない事が多いですね。

今までのどの出会い系よりもアプリの作りが丁寧。すれ違い機能は、別に実際に使わなくとも、まだ会った事もない人が確かにその場所を生活圏にしているんだなぁと言うリアリズムを感じてしまう。

他の既存のいわゆる出会い系機能も決してありきたりではない丁寧さで気持ちが良い。

若い子で新宿で飲みたいとか言ってるのは、ぼったくりバーの可能性ありです。

調べると結構被害にあってる人います。

私は知っていたので被害にあいませんでしたが、これからアプリやる人のために運営側が注意喚起したほうがいいと思う。

それから、中国人系の業者多すぎる

明らかに嘘のプロフィールの方が多いですよね。あと水商売の方。

被害にあった訳では無いけど、LINEをすぐに聞いてきたり、露骨にホスト等の写真使っていたり、アホみたいな年収の設定していたり。

良い評判もあれば、悪い評判もありましたね。

良い評判は全体的に普通に会って食事をして楽しい出会いがあったという感じでしたが、悪い評判は全体的に業者っぽい人が多いというレビューが多かったですね。

ちゃんと業者は見分けて危険は回避しましょう。

クロスミーには業者やサクラはいる?

クロスミーにはサクラは存在しませんが、業者は少なからず存在しています。

サクラというのは、運営会社が雇った課金を促したりするニセ会員のことをいいますが、業者は運営会社とは関係がない自社のサービスに誘導するニセ会員のことを言います。

クロスミーにサクラがいない理由としては、月額課金制の料金体制だから都度ポイントを消費するような仕組みのアプリではないからです。

業者は少なからずいる理由!見分け方はある?

業者と一言にいっても、「ぼったくりバーに連れて行く人」や「自社のサービスに登録してもらう(出会い系など)」がいるので、一概にこの人はこういう傾向があるというのは言えません。

ですが、見分け方として共通で言えるのは、

  • 自分の知っているバーに連れて行こうしてくる
  • LINEを交換したら変なURLを送ってくる
  • すごく美人な人が積極的

などが挙げられます。

おそらく使っていたら違和感を覚えると思うので、マッチしてもそういう人とは会わないように気をつけましょう。

クロスミーの料金一覧

女性は基本無料で男性のみ月額料金がかかります。

iPhoneとAndroidで料金が少し違っていて、一ヶ月プランのみAndroidの方が安いです。

他のプランは全て料金同じです。

Androidユーザーの料金プラン

1ヶ月あたり 一括料金
1ヶ月 3900円
3ヶ月 3300円 9900円(税込)
6ヶ月 2900円 17400円(税込)
12ヶ月 2317円 27800円(税込)

iPhoneユーザーの料金プラン

1ヶ月あたり 一括料金
1ヶ月 4200円
3ヶ月 3300円 9900円(税込)
6ヶ月 2900円 17400円(税込)
12ヶ月 2317円 27800円(税込)

クロスミーを使うメリット・デメリット

クロスミーのメリットとデメリットは以下です。

クロスミーはサクッと会えるのがメリット!

すれ違い機能という画期的なシステムのおかげでサクッと気になる人と会うことが可能です。

相手によりますが、利用ユーザーは割と軽い感じで使っている人が多い印象があるので、メッセージをたくさん重ねて重ねて会うって感じではないです。

先程も書きましたが、メッセージが苦手という方にとってはメリットでしょう。

クロスミーはまだまだ人口が少ない・・・

デメリットとしては、まだまだ人口が他アプリに比べて少ないので、地域によっては「すれ違いすらしない」ということが起こりえます。

とはいえ、近くの繁華街に全く出歩かない方はいないと思うので、そのときに全ての機能をオンにしておけばプロフィールがたくさん出てくるので、一度マッチしてしまえば離れていても連絡が取れるので、そこまでデメリットとはならないでしょう。

クロスミーの登録方法

登録方法は4つで、「AppleID・GooglePlay」「Facebook」「Twitter」「SMS認証」で始めることができます。

お好きな方法で良いので認証を済ませたら、基本情報の登録が始まります。(少し長いです)

登録が終わればあとは、使うだけです。

クロスミーの使い方

クロスミーといえば、「すれ違い機能」これはGPSをオンにした状態にしているとすれ違った人が表示されるようになります。

そして、表示された中で気になる人がいれば「いいね」を。

もし相手もいいねしてくれたらそのままマッチング成立となるので、メッセージを続けることができます。

逆に相手からいいねしてくれた場合は、下のメニューのところに赤いポッチか付きますので、その中にいいなーと思った人がいればいいねを返してあげましょう。

また、身バレ防止機能として「エリア指定」「時間指定」でGPSをオフにできる機能があります。

エリア指定でオフにしておけば、職場の人や友達の集まりなどでバレることがありませんし、時間指定でオフにしておけば、その時間はだれの画面に表示されることはありません。

まとめ

クロスミーは比較的遊び色の強いアプリなので、もし本気で出会いを探しているのであれば他のマリッシュやペアーズといったアプリを使うようにしましょう。

また、クロスミーは機能こそ画期的ですが、ユーザー人口が大手アプリと比べて少ないので、もっとたくさんのきっかけがほしいと思う方は複数のマッチングアプリを使用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です