マッチングアプリと出会い系の違いについて考えてみる

マッチングアプリと出会い系の違いについて考えてみる

インターネットを活用して出会いを探す場合、マッチングアプリから出会い系の利用を検討するかもしれません。どちらも異性との出会いを探すことに特化したサービスですから、SNSなどに比べると効率が良くなっています。

出会い系は比較的昔から存在していましたが、マッチングアプリは最近になって急成長してきた分野なので、「マッチングアプリと出会い系って何が違うの?」と気にする方も多いでしょう。どちらも出会いが探せると書いていますが、呼ばれ方が異なる以上は気になりますよね?

マッチングアプリと出会い系にはどんな違いがあるのか、詳しくチェックしてみましょう。

業種としては同じ分類

国が定めた基準から考えると、マッチングアプリと出会い系は同じ業種となっています。どちらも『インターネット異性紹介事業』に分類されており、適用されるルールもほとんど同じです。もちろん、細かなルールやサービスはそれぞれで異なります。

インターネット異性紹介事業にはいくつもの決まりがありますが、利用者が真っ先に知っておきたいのが『18歳以上は利用禁止』という点です。出会い系やそれに類似したサービスが登場した直後はルールもほとんどなかったので未成年も数多くいましたが、今はまず存在しません。

この点を残念がる人もいますが、大人が未成年と遊ぶと様々なトラブルにつながりかねないため、事業としてはどちらも健全化が進んだと言えるでしょう。

マッチングアプリと出会い系の違い1.利用目的

マッチングアプリと出会い系の最大の違いは、利用目的でしょう。先ほども書いたように業種としては同じで異性と出会えるのも共通していますが、マッチングアプリと出会い系では以下のような違いがあります。

  • マッチングアプリの利用目的=真剣な恋活や婚活
  • 出会い系の利用目的=すぐに会って遊べる相手を探す

例えばマッチングアプリの多くは安全性を謳っていることもあり、健全な出会いを応援する傾向があります。それに対して出会い系は気軽さをアピールしているため、すぐに会って遊べる相手を探しやすくなっているでしょう。

逆にマッチングアプリで遊び相手を探したり、出会い系で恋活をしたりすることも可能ですが、効率は悪くなります。

マッチングアプリと出会い系の違い2.利用者層

マッチングアプリと出会い系では利用目的が異なるように、利用者層にも違いがあります。

  • マッチングアプリの主な利用層=20~40代の恋活や婚活をしている人
  • 出会い系の主な利用層=20代でカジュアルに出会いを探している人

マッチングアプリでは真剣にパートナーを探す人が多いため、若い人だけでなく30代以降の方もちらほら見かけます。特に婚活に特化したサービスの場合、40代や50代、60代の方もいらっしゃるでしょう。

出会い系は遊び相手を探しやすい都合上、20代前半がとても多くなっています。30代以降でも利用を制限されることはありませんが、やはり若いうちに使うほうが成果も出やすいでしょう。

マッチングアプリと出会い系の違い3.操作性

マッチングアプリと出会い系では、操作性にも違いが見られます。

  • マッチングアプリの操作性=スマホからの操作性に力を入れたものが多い
  • 出会い系の操作性=パソコンでの操作性に優れたものが多い

マッチングアプリはスマホの登場によって大きく躍進したこともあり、スマホユーザー向けに最適化したものが多いです。中にはスマホでないと機能が制限されるサービスもあるため、どこでも操作できる手軽さが目立ちます。

出会い系はパソコン全盛期からリリースされていたこともあり、現在もパソコンから使ったほうが操作しやすいものが多めです。時代に合わせてスマホアプリを提供しているサービスもありますが、パソコンからの利用に比べると利便性に劣りやすいでしょう。

マッチングアプリと出会い系の違い4.文字でのやり取り内容

マッチングアプリでも出会い系でもメッセージを使って文字でやり取りしますが、そこの内容についても差があります。

  • マッチングアプリの場合=基本的に卑猥な内容はNG
  • 出会い系の場合=お互いが納得しているなら大抵の内容はOK

先ほども書いたようにマッチングアプリでは真剣に付き合える相手を探すため、卑猥な内容は禁止となっています。もしもそういう内容を送りつけた場合、ブロックや通報をされるので注意しましょう。

出会い系ではそういったルールが大らかになっており、お互いが不快でないなら大抵の内容は問題ありません。もちろん出会い系にも通報機能はありますので、過激すぎるものや犯罪を思わせるものはNGです。

自分の目的によって使うほうを選ぼう

現在はマッチングアプリのほうが露出も増えていますが、出会い系にもまだまだたくさんの利用者がいるため、自分の目的によって使うサービスを選びましょう。

大まかに分けると恋活や婚活をするならマッチングアプリ、気軽に会って遊べる相手が欲しいなら出会い系…といった形になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です