マッチングアプリにおけるメッセージの頻度はどれくらいがいい?

マッチングアプリにおけるメッセージの頻度はどれくらいがいい?

マッチングアプリで気になる相手とマッチングできたら、メッセージによるやり取りが解禁されます。すぐにアドレスを交換して別のアプリやメールで会話するという手もありますが、それに応じてくれる人は少ないため、基本はマッチングアプリ内でじっくり交流を深めていくことになるでしょう。

幸いなことにマッチングアプリのメッセージ機能は使いやすく、普段からLINEなどを使っているなら操作に迷うことはありません。ですが、ここで気になるのは『マッチングアプリにおけるメッセージの頻度はどれくらいがいいのか?』という疑問です。

家族や友人相手と違ってそういう距離感が掴みにくいため、今回はこの点について考えていきます。

そもそも相手によってベストな頻度は異なる

最初に答えを言ってしまうとしたら、『そもそも相手によってベストなメッセージ頻度は異なる』となります。「それじゃあ何の参考にもならない…」と思うかもしれませんが、『どんな相手でも上手くいく方法がある』と信じるほうが危険です。

例えば女性はおしゃべり好きでいくらでもメッセージで会話すると言われますが、これには個人差があります。女性であっても最低限の連絡しかしたがらない人はいますし、逆におしゃべり好きな男性もいるのです。

そういった事実を踏まえておけば、相手によって理想的な頻度を探りつつやり取りできるでしょう。こうした基本を意識できるかどうかは、メッセージを上手く続けるポイントになります。

毎日1回は送るのが基本

マッチングアプリでメッセージが使えるようになったら、毎日1回はメッセージを送るのが基本です。これは相手がおしゃべり好きかどうかにほぼ関係なく、現在の関係を最低限維持するために必要なことだと思いましょう。

マッチングアプリにてマッチングしただけの状態であれば、メッセージを送らなくなればそのまま終わることが多いです。仮に相手がそこまでおしゃべり好きでなくとも共通していることですから、他愛のない話題であっても1回はメッセージを送り続けましょう。

なお、他愛のない話題よりも『お互いが関心のある話題』のほうが会話しやすいため、相手のプロフィールからどんな話題がいいのかを考えておきましょう。

どれくらい往復するかは相手による

会話はキャッチボールと言われるように、メッセージを送ったらやり取りが始まります。メッセージの往復は仲良くなるために欠かせないものの、「どれくらい往復すればいいのかな?」という疑問が生まれるかもしれません。

これについても相手によって変わりまして、例えば相手がおしゃべり好きで明日が休日の場合、たくさんやり取りしたがるかもしれません。逆であれば最低限で切り上げたがるかもしれないため、相手のライフサイクルなども踏まえつつやり取りを続けましょう。

最初から生活習慣について聞くと警戒されることもあるため、「自分は明日休みなんですけど、○○さんはいつお休みなんですか?」みたいな自然な質問で聞き出すのがコツです。

電話ができるようになったら電話メインでもOK

メッセージによるやり取りが盛り上がってアドレスを交換すれば、電話によるやり取りも行うかもしれません。これは携帯電話の通話機能でもいいですし、LINEなどに搭載されている無料通話機能でも大丈夫です。

電話であればメッセージよりも短時間でたくさんのやり取りができますから、通話好きの相手なら電話メインに切り替えてもOKです。なお、通話は落ち着いた状況でしか実行できないため、お互いが自宅にいるときに誘いましょう。

なお、電話が嫌いという人もそれなりにいるため、通話を拒否されたらメッセージメインで仲良くなってください。

デートが近づいてきたらやり取りを増やすのもアリ

マッチングアプリではメッセージで話すだけで終わることはなく、いつかはデートに誘い出したいと考えているでしょう。そして無事にデートの約束ができた場合、その日が近づいてきたらやり取りを増やすのもおすすめです。

『デートの約束をした直後はモチベーションが上がるけど、デートが近づいたらキャンセルしたくなってきた』なんて変化は珍しくなく、特に女性は気分の浮き沈みが激しいため、ドタキャンが発生することもあり得ます。

なのでデートが近づいてきたらメッセージを増やし、しっかりと盛り上げてモチベーションを維持するといいでしょう。デートが決まったらメッセージは休む…なんてことをしていると、当日になって断られるかもしれません。

相手との相性によってメッセージの頻度も考えるべし

最初にも書きましたが、メッセージの頻度は相手との相性によって判断しましょう。お互いが少ないやり取りで十分だと感じているなら毎日ちょっとだけ話せばいいですし、お互いが楽しいと感じているならたくさん送っても大丈夫です。

こうしたやり取りを重ねていたらベストな頻度も自然と把握できるため、それまでは慎重にメッセージを送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です