すぐにデートが約束できる!tapple(タップル誕生)の「おでかけ」の上手な使い方と成功のコツ

みなさんはタップル誕生の画期的な「おでかけ」機能をご存知でしょうか?

おでかけ機能は、簡単にいうと「マッチング前にデートの約束ができる機能」なんです。

おでかけ機能の仕組みの説明と上手な使い方をお話していきます。

タップル誕生の「おでかけ」とは?仕組み説明

冒頭でもお話したように、おでかけ機能はマッチング前にデートの約束ができる機能です。

では早速「おでかけ」機能の特徴3つを見ていきましょう。

マッチング前にデートの約束ができる

普通はデートの約束、すなわちメッセージできるようになるまでに、「”いいかも”を送る→”ありがとう”を返してもらう→マッチング」という過程を踏まなければいけません。

そして、仮にメッセージできるようになってもデートまでこぎつけられないことも多々あります。

ですが、おでかけ機能を使えば、前過程を全部スキップして、デートの約束ができるのでメッセージが面倒と感じている方や会ってから話がしたい方にはとても重宝する機能です。

デートの提案は女性からしかできません。気になるおでかけデートに男性がエントリーして女性側から選ばれたらデートの約束成立となります。

グループデートができる【合コン・オフ会・趣味会での利用も可能】

本来1対1のデートが目的として作られた機能でしたが、現在はグループでのデートも可能になりました。

女性が提案しているデートが2対2の場合もありますし、1対1の時もあるということです。

そして、おでかけ機能は合コンでワイワイする場を作ることもできますし、趣味で仲間を集めたい時などにも活用できます。

僕は2対2以上は会ったことがないのでわかりませんが、タップルメンバーで合コンって楽しそうですね!

デートまでが早い

マッチングを待たなくていいので、デートまでの過程が全カットできます。

もちろん、女性から選ばれなければいけませんが、そこはメッセージと女性のタイプ次第になります。

おでかけ機能の上手な使い方を知って、マッチング率を上げましょう!

タップル誕生「おでかけ」機能の上手な使い方【成功のコツ】

女性がおでかけプランを立てて、そこに男性がエントリーする形なので、女性が選ぶ側、男性が選ばれる側ということを覚えておいてください。

では、上手なおでかけ機能の使い方を見ていきましょう。

おさそいメッセージが鍵を握っている

女性が立てたプランから「おさそいする」したときに、メッセージを送るのですが、ここかなり重要です。

ポイントとしては以下を参考にしてください。

  • 普通のことを言わない
  • イベントの前後を想定したメッセージを送る
  • 相手のプロフをちゃんと見たということを絡める
  • 目に止まりやすい行数や読みやすい漢字を使う

一つずつ説明します。

普通のことを言わない

当たり障りのないことを言っても目に止まってくれず埋もれてしまいます。

「はじめまして!よろしくおねがいします!」

「時間空いてますー!よろしければ一緒に行きましょう!」

などは、避けて今から話していくことを意識してください。

イベントの前後を想定したメッセージを送る

イベントに対してアプローチする人はたくさんいます。

なので、どうしてもスルーされてしまいがちです。

そういう時は、イベントの前後を想定したメッセージを送ってみるのです!

例えば、映画のデートプランがあったとすると、

〇〇って映画見に行きましょう!!

映画館は△△に行きますか?

△△の近くに美味しいケーキ屋さんがあるので

そこに寄ってから映画見に行きましょう!

といった感じで送ったり少し工夫をすると目に止まりやすいです。

経験上、男性からリードするような内容のものが好まれやすいです。

相手のプロフをちゃんと見たということを絡める

具体性がないイベントの場合は、相手のプロフ情報を絡めたおさそいメッセージを送ってみましょう。

プロフに「嵐、キスマイ」などが書いてあれば、嵐のメンバーとキスマイのメンバーの名前を絡めて送ってみたり、もしその人に趣味があればその趣味を交えた内容のメッセージを送ってみてください。

詳しいオーラを出さずに「かっこいいから一時期聴いてた」とか「その趣味友達がやってたから少しやったことあるよ!」など軽く知ってる感じでトークしましょう。
マニアックなトークになった時困りますからね。

目に止まりやすい行数や読みやすい漢字を使う

1~2行の短文で目にとまるような文を打てるならいいですが、行数を増やしたほうが簡単に目に止まります。

あと、読みやすい漢字を使うというのも重要です。

例えば、

有難うございます → ありがとうございます!

是非宜しくお願いします→ ぜひ、よろしくおねがいします!

などにしたほうが、読みやすいので、漢字の使い方には注意しましょう。

フィーバータイムを上手に使う

フィーバータイムとは、毎日21~22時の間「おさそいメッセージ」をいくらでも送ることができます。

通常「おでかけ機能」は、1日5人までと決まっています。

制限時間内であれば好きなだけ「おさそい」できるので、このフィーバータイムを活用してマッチングの幅を広げましょう。

デート成立後はメッセージを送る

いざ、デートが成立しても油断してはいけません。

男性はある種「選ばれるのが目標」みたいなところがありますが、女性からすると”その後”の方が重要なのです。

なので、デート成立したからと言って、デートのトークをおろそかにしてしまうと「デートがうまくいかない」もしくは「デートが中止される」可能性もあります。

選んでくれたことのお礼とデートでリードする意欲を見せることがデートを成功させるコツです。

「おでかけ」機能の注意点

「おでかけ機能」についていくつか注意点があります。

よく間違えやすいものをピックアップして説明していきます。

有料会員のみ「おでかけ機能」を利用できる

おでかけ機能は有料会員のみ利用でき、無料会員は「おでかけ一覧」を見ることしかできません。

無料会員は、今回の「おでかけ機能」に限らず一部の機能しか利用できないので、出会いを求めているのであれば、有料会員になることをおすすめします。

デートが成立しなかったら通知されない

悲しいことに、せっかくおさそいしても、デートが成立しなければ通知がきません。

おでかけ案件は24時間で効果を失ってしまいます。

なので、24時間以内にデートが成立しなかったら、今回はダメだったと思いましょう。

「おでかけ」はアプリ版のみの機能

「おでかけ」はアプリ版のみの機能なので、ブラウザ(PC)版では利用できません。

おでかけ機能はマッチングアプリの概念を変えるくらい画期的な機能なので、これを機会にアプリ版を利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

元々タップル誕生はマッチングのしやすさに定評がありましたが、「おでかけ機能」という画期的な機能の登場で更にマッチングの幅が広がりました。

もしタップルユーザーの方でまだ使ったことがないって方がいたら一度使ってみてください。

フィーバータイムを除くと、1日5人までと決まっているのでできるだけ全部毎日消費してマッチング率を上げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です